人間の生活圏内にも住み着く【業者に頼んでコウモリ駆除や鳩駆除を】

コウモリや鳩が持つウイルスに要注意!

コウモリと鳩の習性~駆除をする前に理解しておくべきこと~

習性とは

鳩は日本人には良く知られている鳥類の1種です。体長は30cm弱くらいで、背と上胸は光沢のある緑色や紫色をしています。基本的に崖や岩肌にある岩棚などに営巣しますが、最近はエアコンの室外機の隙間や屋根の梁など、人間の住処の一部にも営巣するようになりました。それに伴い、被害の拡大化や鳩駆除の需要性が大きくなってきています。
コウモリ
国内でよく見られる種類のコウモリであるアブラコウモリは、体長が約5cmで体重も約10gと、コウモリ類の中ではとても小さいサイズと言えます。人間に積極的に襲いかかってくるような攻撃性・凶暴性も無く、普段は昆虫を主食として生活しています。ただ、鳩同様糞害や騒音被害などを与える動物として知られています。

そのまま放置してはいけない

3羽のハト

コウモリや鳩などの害獣を放置するのは、とても危険なことです。なぜなら、様々な被害を受ける恐れがあるからです。コウモリや鳩の糞から発生した菌から感染症を引き起こしたり、鳴き声による騒音被害で睡眠が妨害されたりといった事例はこれまでに数多く発生しています。自分や自分の家族、さらには近隣住人の衛生面や健康面を守るためには、早めに駆除をする必要があるのです。

まとめ

コウモリや鳩などは、住み着いた建物や周辺の道路だけでなく、私達人間にも被害を与えてきます。長く放置すればするほど、その被害もどんどん拡大していきます。コウモリ駆除及び鳩駆除をすることを決めたら、安全かつ確実に駆除作業を済ませてくれる専門業者に依頼しましょう。

TOPボタン